ハットウイング工法

 

ハットウイング工法とは

ハットウイング工法とは
 
地盤補強工法に新たな風‼
鋼管の先端部に特殊加工した先端翼を取り付け回転貫入し、これを地盤補強材として利用する工法です。
 

ハットウイング工法 5つの POINT

ハットウイング工法 5つの POINT
 
【POINT  1 】
先端翼径が軸鋼管径の最大5倍!
低N値でも高支持力発揮!
 
ハットウイング工法は、軸鋼管径と先端翼径の軸径比が最大5倍まで適用可能です。
軸径比を大きくすることにより、原地盤の支持力が小さい場合 (低N値)でも、必要な支持力を確保することができます。
 
 
ハットウイング工法は特許出願中です。
 
 
 
 
 
 
  建築技術性能証明書
【GBRC性能証明第15-17号】
 
 
 性能が証明されています。
 
【POINT 2】
 
現場に最適な施工機械を選択!
 
ハットウイング工法の施工機は、搬入路や敷地などの条件を考慮し、最適な機種を選定します。
安定性が高い建駐車タイプ 又は施工精度の良いクローラ型を現場に応じて選択します。
 
【POINT 3】
 
 
従来の打ち止め管理方法に加え、設計長管理が可能!
 
 
本工法における補強材の打ち止め管理は、トルク値管理や回転貫入管理(1回転当たりの貫入量が5㎜以下 )という一般的な管理方法に加え、設計長(深度)管理が可能です。
 
 
【POINT 4】
 
環境・コストにやさしい!
 
 
①回転圧入工法で施工機械もコンパクトに対応。低振動・低騒音です。
➁セメント系固化剤を使わないので六価クロム溶出(環境破壊)もありません!
③無排土工法なので施工発生残土の処分費もゼロ!現場の土も汚れません。
④土質を選びません。腐植土地盤(中間層)にも対応できます!
⑤施工時間は柱状改良の3分の2です。施工費の削減ができます。
 小口径鋼管を用いた杭状地盤補強工法のため、施工性が良く工期を短縮できます。
   
【POINT 5】
 
 
軸鋼管と先端翼径の多様な組み合わせで驚異のコストパフォーマンス!
 
軸鋼管径はφ89.1、φ101.6、φ114.3 の3種類
先端翼径はφ300、φ400、φ500 の4種類で、厚さは9㎜、12㎜ (φ300は9㎜のみ)
先端翼部の材質はSS400です。12㎜厚のφ400のみSM490Aのものがあります。
 

ハットウイング工法の適用範囲

ハットウイング工法の適用範囲
 
■ 適用地盤
先端地盤:砂質地盤(礫質地盤含む)、粘性土地盤
ただし、液状化する恐れがある地盤は、先端支持力を考慮しない。
なお、液状化が生ずるか否かは設計者が判断する。
 
■ 適用構造物
下記の①~③をすべて満たす建築物、および、小規模工作物(高さ3.5m以下の擁壁、浄化槽など)とする。
①地下3階以下  ➁高さ13m以下  ③延べ面積1500㎡以下(平屋に限り3000㎡以下)
 
■ 最大施工深さ
杭状地盤補強材の施工地盤面から10mとする。
ただし、表層から軟弱層が続きスウェーデン式サウンディング試験で、その試験結果が近隣の標準貫入試験結果より、適切であることが確認できる場合には、最大施工深さは、施工地盤面より130D(D:軸径)とする。
   
軸径(㎜) 最大施工深さ
φ89.1 11.58m
φ101.6 13.20m
φ114.3 14.85m
株式会社出雲採石
本社 
〒693-0104
島根県出雲市稗原町4088
TEL.0853-48-0131
FAX.0853-48-0151
広島営業所
〒739-0132
広島県東広島市八本松町正力1992
TEL.082-497-3125
FAX.082-497-3126
──────────────
<事業内容>
・砕石の製造、販売
・産業廃棄物中間処理業
・産業廃棄物収集運搬業
・地盤改良工事
・地盤調査(SS試験)
・断熱工事(デコスドライ工法)
・外構工事(GARDENSGARDEN)
・住宅基礎工事
048750
<<株式会社出雲採石>> 〒693-0104 島根県出雲市稗原町4088 TEL:0853-48-0131 FAX:0853-48-1086